「この日に」

震災から学ぶ

いつもは電車、この日はバスで、
学校まで向かった高校3年生の時。

バスから見えるいつもと違う風景、
状況を理解する余裕があったかな。

何をしたらいいのかわからない、
何もできな高校生の自分がいました。

「知る、逃げる、備える」
東日本大震災でも‪多くの取材をさせていただき、
教えていただいこと、守りたいものがあるからこそ。

自分たちの状況よりも、守るために、
僕たちに伝えてくれた、生きるということ。

備蓄品を確認してみる。
家具の補強を確認してみる。
避難場所を確認してみる。

「大丈夫かな」、その会話が、
それぞれの環境で、この日に。

家族だったり、ご近所さんとも。
‪声をかけあい、輪となって。

阪神淡路大震災から25年です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA