講演会

講演会


講演会/出演のご依頼はこちら
お問合せ:06-4309-6873(清水健事務局)

『大切な人の”想い”とともに』
『今できることを思う』『明日の笑顔のために』

経験してしまったからこその言葉。
清水の講演会のテーマは多岐にわたる。

ひとりじゃない、みんなと一緒に。

清水は、あの時、今、これからに向き合い、
ありのままの言葉で参加者に話しかける。

フリーアナウンサーの活動とともに、
年間100回になる講演会の舞台に立つ。

自治体、教育機関、医療機関、各企業など、
依頼は幅広く、日本全国からあり、

人権講演、福祉講演、教育講演、医療講演、
⼦育て講演、企業内セミナーにも取り組んでいる。


“演台を使わず、マイク一本で伝える”

その時の姿もありのままに、
それぞれの感情で、それぞれに感じる時間。

参加者は、清水の言葉に自分自身を重ね、
それぞれに心と向き合い、”今”を考える。

悔しさ、後悔、悲しみ、喜び、
様々な感情を共有できる時間がつくられ、

みんなが笑顔になり、涙にもなる。

そして、明日からも頑張ってみようかな、
自然とみんながそう思える時間になっていく。

「何を伝えることができるのか」
自分の無力さを感じる時もあるという。

でも、だからこそ、”言葉”に向き合い、
“伝える”ということにこだわっている。

自分自身がありのままに話すことによって、

もしかしたら、グッと我慢している方々が、
心の中を話せる場をつくれるかもしれない。

今の自分にできることがあるならば、
ただその思いで、自分自身を奮い立たせ、
今日も、舞台に立たせてもらっている。

500-500px_01_kouenkai_05

命と真正⾯から向き合った清⽔の言葉は、
当たり前にある⽇常を⾒つめ直す時間になる。

この時にも、病と、また、病だけではなく、
育児、看病、介護、友だち、家族のことなど、
様々なことと、みんなが向き合っている。

時には我慢することも必要かもしれません。

でも、ひとりじゃない、みんながいること、
人って温かいことを再確認したい、

みんなが今を踏ん張り、頑張っている、
そんなみんなの一員でいたいと清水は話す。


“当たり前の日常を振り返るきっかけに”

清水の話は、子育て世代はもちろん、
年齢、性別を問わず、多くの方から共感を得る。

毎日の生活の中で、何があっても、今あること、
その素晴らしさを、みんなと⼀緒に思い考える。

友だちのこと、家族のこと、自分自身のこと、
講演会後、多くの方が初めて周りに話すことも。

ひとりじゃないことを改めて感じ、
毎日の素晴らしさに改めて気付く時間。

500-500px_01_kouenkai_08

ひとりじゃできないことはいっぱいある。

でも、みんながいてくれるから。
そんなみんなとエールをおくりあいたい。

清水は、僕にはこんなことしかできないけど、
僕自身が皆様に心を救っていただいたように、

今と向き合う方々の心に少しでも寄り添える、
そんな時間をつくっていきたいと話す。

感謝と想い、そして”みんなと一緒”に、

清⽔は、これからも”伝える”にこだわり続け、
全⼼で舞台に⽴っていく覚悟である。

“あの時”のことを話す、心にとって辛い作業。
でも、清水は、伝えることを続けたいと話す。

そして、いつかまた、キャスターの席にも。
お会いする方々にそう話される清水は、
嬉しそうにうなずき、その時がきた時のために、

今できることを頑張りますと力強く話している。