「綾部市にて」

綾部市にて舞台に

11月ラストのこの日は綾部市に。
昨年、天候の影響で中止になった綾部市での講演会。

このように、二年連続でお声がけいただける、
本当に嬉しいことで、ありがとうございます。

控室で

だからこそ、言葉に飾りをつけず、
今ある感謝、その「全て」を舞台上で伝えたい。

体育館にて

講演会が終わると心も身体もヘトヘトになりますが汗、

「実はね」「わたしも」
「ずっとビデオもってるよ」

皆様の言葉、一言一言に心を救われ、
「もう少し、やってみよう」
まだできることが、ほんの少しでもあるのなら、と。

マイクを握る

2019年11月30日(土)「大切な人との絆」、
京都府立綾部高等学校でのPTA講演会の舞台に。

校門には大きなポスターやたくさんのチラシ、
体育館にはズラッと椅子がきれいに並べられ、

歴史ある綾部高等学校

こうやって多くの方々のご準備のおかげで、
マイクをもたせていただいている、
その光景をみて、心いっぱいになって、感謝しかなく、

そして、PTAや保護者の皆様、また、綾部市や周辺地域、
300人以上の方々の姿をみると、たまらなく「今」が嬉しくて、

PTAの皆様の努力

同じ子育て世代の方、小さなお子様連れの方、
高校生の姿、男性の姿が多かったのがまた嬉しくて。

講演後の多くの方からのお声がけ、中には、
涙ながらにご自身の経験を話してくださり、

校長先生からの言葉

でも、その表情は、たとえ、涙を流されていても、
しっかりと前を向こうとしていらっしゃる、
一緒になって頑張っていきたい、そう強く思う時間。

ストーブにあたって温まる

こうやってマイクをもって話させていただき、
皆様の心の声を聞かせていただける「仲間」でいたいです。

まっすぐ見て話したい

皆様と共有できたお時間が、
少しでも「大切な人」について考えるお時間、
大切な人との絆につながれば嬉しく思います。

お越し下さった皆様、PTA、教職員の皆様、
準備や片付けをしてくれた運動部員のみんな、

ありったけの感謝

皆様にありがとうございます。

歴史ある綾部高等学校での講演会、
地域の「温かさ」を身体いっぱいに、

創立100年

そして、懐かしい香りに心癒されました。

清水健 講演会/出演依頼等
清水健講演会依頼

頑張ってるじぶんへ

12月22日、ご予約、ありがとうございます。
限定80席、残りチケットは10枚あまりになりました。
清水健チャリティープロジェクト
清水健トークLive with 白井大輔 じぶんエールvol.1

伝える、何が正解?それは、いつかわかるのかな、
https://shimizuken.jp/2019/11/21/talklive/
その時、その時を全心で、また新しいカタチで皆様と。

講演会/出演(一部抜粋)
12/1、2、3、7、10、11、21、22、27 他

12月01日 : ピンクリボン 滋賀県高島市
12月02日:姫路市立朝日中学校(一般応募なし)
12月03日:大阪回生病院研修会(一般応募なし)
12月07日:摂津市人権を考える市民のつどい
12月10日 : 生駒南中学校講演会(一般応募なし)
12月11日:山科区人権のつどい
12月21日:私立高校人権講演会(一般応募なし)
12月21日:私立高校人権講演会(一般応募なし)
12月22日:清水健トークLive with 白井大輔

クリフム
一般社団法人清水健基金

著書/清水健
『112日間のママ(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093884648

『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885829

関連記事

  1. 伝えることが好きです

    「公開講座」

  2. 公園 木々 秋

    「伝える責任」清水健

  3. 拳 スーツ

    「向き合ってみよう」清水健

  4. 息子とお出かけ

    「飛び出した先に」清水健

  5. 落ち葉の絨毯

    「心の方向を」

  6. 「一日のはじまり」清水健

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA