「10年の言葉」

宮城県女川

今日の宮城県女川の風景です。
10年がたちます。東日本大震災。

昆布巻きのマルキチ阿部商店、
阿部さんにいつものように少しだけ連絡。

海が見える町

10年が節目とは誰が言ったんだろう。

阿部さんの言葉と送ってくれた写真に、
10年の重みを感じます。

取材で行っても、プライベートでも、
地震がきてしまったら逃げてください、
いつもそう話してくれる阿部さん。

3月11日、この日にもう一度、
もしもの時、誰と連絡を取り合うか、
備蓄品など、家族で確認しあう、
そんな時間があればと思います。

命を大事にする、自分を大事にする、
仲間を大事にする、町を大事にする、
一人では何も出来ないこと、
震災は多くのことを教えてくれました。

阿部さんのこの言葉を大切にしたい。
東日本大震災から10年です。

清水健 講演会/出演依頼等
清水健講演会

著書/清水健『112日間のママ(小学館)』
『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA