「何が違う」

空

新型コロナ、50人以上の感染。
東京で感染された方が増えている。

多くの人がもちろん望んではいなくて、
でも、あの時と、今と、何が違うのか。

数字は確かに大きくなっているのに、
国も行政もメディアもあの時とは違う。

もう、それほど心配しなくていいですよ、
なのか、それともやっぱり違うのか。
よくわからない状況になっているような。

新型コロナで、「治験」という言葉を、
メディア等で聞くことがあります。

少し話が違うかもわかりませんが、
病と向き合う当事者、家族は‬、
治験に希望をみつけることもあります。‬

でも、その時の状況(健康状態)で‬、
‪意思とは関係なく‬‪はいれないこともある。‬

‪そして、研究者、医療従事者の方々は‬、
大きな責任に向きあってくださっていて、

期待はするし、期待したいけど、
待っている方々がいるから‬こそ、

無責任ではダメで、その言葉を使う時は、
いつも以上に気をつけたいなと僕は思う。

清水健 講演会/出演依頼等
清水健講演会

著書/清水健 『112日間のママ(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093884648
『笑顔のママと僕と息子の973日間(小学館)』
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784093885829

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA