「お手紙…」清水健

38回目の月命日
我が息子の成長を見て感じ

うーん、いっぱい泣いちゃったよ

情けないな、でも、
これでも「いいんかな」…、

ってやっと言えるかな。

今まではそんな時「ごめん」
だったかもわかんないけど、

それが今、「ありがと」って言える。

だってね、
ほんとにびっくりするよ

こんなにも温かい方々がいる。

いつまで助けられてんねんって、
あー、あかんなぁって想うけど、

たくさんの方々から
たくさんの愛情を受け

ほんとに最高だよ
小さな小さな笑顔は

それは、俺じゃなくて、

頑張ったから
ほんとに頑張ったから、

今がある。

俺一人じゃ無理なこともいっぱい
もう無理ってなる時もあるし
なんでやねんって思う時もある。

何やってんだろって思う時も…、

でも

でも

今ね、「ありがとう」って素直に言える。

お前のおかげです。

辛いし
悲しい

もうアカンかなって…。

でもこんなんじゃダメだよね、
我が息子がいっぱい教えてくれる。

あの日の言葉、

パパできてるかな。

我が息子はね、

頑張ってるで
ほんまに頑張ってる。

我慢もしてると想う…、

その姿がたくましくて、
でも少し切なくて涙が出るけど、

その姿を見ててよね。

みんながね
ほんまに温かい

あとは夫であり、パパである俺やな。

大丈夫

その言葉、まだお前には言えないかな…。

あっ、我が息子は「大丈夫」だから
絶対に守る
こんなにも愛されてるんやから!

なんて言う?
なんて言うんやろな?

皆様にありがとう。そして…。

いや違うか

やっぱり、
みんなに「ありがとう」だね。

って言うんだろうな。

パパでよかった
ありがとう
ほんまにありがとな

あの時に、言葉ではなく、
お前に言われたこと、その意味を…。

約束な、俺はいい、
我が息子を、みんなを笑顔に。

頼ってばっかりだけど、

息子のそばに、
ずっとずっといてやってください。

かっこ悪いよね…、
届くかわかんないお手紙。

こんなこと、あっちゃいけない。

だからね、人の心がわかる、
一人の人間で、男で、夫で、パパでいたい。

これから、です。

また報告します!
時には叱ってやってください。

「パパ、しっかりしなさい」って。

そんなこと言わないことは、
わかっているけど、今を生きるから。

代わりはできない、でも、
いるから、そばにいるから。

これからもずっと、
心から「ありがとう」。

パパでよかったです。
伝えて感じて、いろんな場所、空間で。

ありがとな、パパにしてくれて。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2 thoughts on “「お手紙…」清水健”