<チャリティーCD>

清水健の想いの「言葉」に、
シンガーソングライター白井大輔氏が「メロディー」をつけ、

多くの方の想い、ご協力を得て、
2人の想いが、チャリティーCDとなりました。

チャリティーCD 「走り続ける」
作詞:清水健 作曲:白井大輔

<ご購入方法>
・清水健 講演会
清水健 official online shop
白井大輔氏ライブ会場
・「iTunes」「レコチョク」などの各音楽配信ストアよりダウンロード

※売り上げの一部は、一般社団法人清水健基金を通じ、
医療の充実などに取り組む団体や個人の事業などに支援されます。

音楽を聴く 考える男性

「走り続ける」「これからの笑顔」「smileの輪」
「灯 -HIKARI-」「広がる空」「ひとりじゃない」「心の言葉」

清水の言葉一言一句、そのままがメロディーと重なり、

「本気だから伝わる」

初めて聞いた方が涙を流される楽曲となりました。

白井君とは、ある講演会で。
その時、僕は正直、ほとんど彼のことを知らなかった。

「互いに挨拶をした」、
「舞台袖で講演会の様子を聞いていてくれた」、

の記憶があるぐらいだったように思う。ごめん…。
僕も毎日に必死で、アンテナをしまい込んでいたんだと思う。

そんなある日、清水と白井氏は友人を介して出会いました。

白井くんは、他の用事もあっただろうに…、
ギターをかついで、来てくれ、
照れくさそうに、でも、弦をならし、歌ってくれた。

それがすごく嬉しくて、まっすぐで。

「一緒にできるかな?」
「はい、やりたいです!」

次の日だったかな、僕は「言葉」を白井くんに送った。

決して歌詞になんてなっていない言葉だったのに…、
白井くんは、その言葉、一言一句変えずに、
その次の日には、メロディーがついて送られてきて。

また次の日、白井氏は、
ギターを持って、清水の前で譜面など全く見ずに、
ただひたすら、汗を流して歌ってくださいました。

『清水健×白井大輔 チャリティートーク&コンサート』
2019年は5月19日、9月28日、12月22日と3回開催。

回を重ねるごとに呼吸が合い、
清水のトーク、雰囲気を感じながら、その日だけの空間を演出。

ステージ上 向かい合って話す男性 

「走り続ける」
想いと言葉、そして、メロディー、
これからの笑顔につながればと信じて、皆様のご協力に感謝します。

清水はよく聞かれると言う。
何がしたいのか、何の意味があるのか。

小さなことだと思う、でも、
人の心に響かせたい、その「言葉の瞬間」を残したい。

いろんなカタチで「今」を伝えたい!

舞台に立たせていただく…、その度に、
多くの人から気づきを与えてくれているように思う。

お互いがお互いの立場を理解し、最高のスタッフがいて、
この関係、ずっと続くな、まだまだ「これから」だから。

 

<ご購入方法>
・清水健 講演会
清水健 official online shop
白井大輔氏ライブ会場
・「iTunes」「レコチョク」などの各音楽配信ストアよりダウンロード

 

Facebook