「また新たな景色へ…」清水健