「束の間の…」清水健