クリフム夫律子マタニティクリニック 臨床胎児医学研究所

清水は夫律子先生、クリフムの皆様との出会いは、
奈緒さんからの「最高のご褒美」だと語ります。

妻の闘病中、そして、今現在も、
どれだけお世話になっているかわかりません。

先生のこの「笑顔」に、
いつも心を
救われています。清水健

妻の心と、お腹の赤ちゃん、
先生は、一緒に闘い、向き合ってくれました。

奈緒の意識がなくなってしまった時、
海外の学会から帰国して、
空港からそのまま、会いに来てくださった。

妻にとって、息子にとって、家族にとって、
主治医を超えた先生の想いに感謝しかありません。

カッコつけて、どこでも泣けずにいたけど、
先生の前ではどれだけ泣かせていただいたか。

ご迷惑をおかけしたと思う。

でも、一緒になって悩み、泣いてくださり、
「健ちゃんは、パパだよ」って叱ってもくれた。

先生との出会いは、妻が与えてくれたご褒美です。

Facebook